コミュニケーション力を語るやつはヤバい!

ぶっちゃけトーク

ぶっちゃけコミュニケーション能力があると自分から言う人は信用できません!

他者(第三者)から言われているならまだしも、自分から言うのはかなりマズいです。

コミュニケーション能力を語ることが何故まずいのかをお伝えします。

そもそも求められているコミュニケーション能力って?

経団連経団連が新卒採用調査で行っている企業アンケート結果での一項目である
「選考時に重視する要素」の上位5位は…

 ・コミュニケーション能力 
 ・主体性 
 ・チャレンジ精神
 ・協調性
 ・誠実性

これらの能力が求められますが、ほとんどの場合は第一印象になります。そしてその第一印象から語られるギャップがないか、しっかりとした熱意や論理性、エピソードがあるかをエントリーシートや面接では判断されます。

そのため、まずは第一印象となるエントリーシートであれば写真での写り方や面接でのハキハキとした挨拶など好印象が初めのコミュニケーション能力として捉えらえます。

しかし、エントリーシートや面接でそのコミュニケーション能力を語ることは危険です。なぜならの能力があることを証明することは難しいからです。

■ 現代社会はコミュニケーション能力を求めている!
 ⇒しかし、コミュニケーション能力は抽象的であやふや過ぎる!

一般的にいわれるコミュ力は共感できること?

世間一般的に大枠として語られるコミュニケーション力とは「共感能力」です。

これは相手の気持ちや考えていることを読み取る能力といえます。このコミュ力は外交的な人よりも内向的な人の方が高いという結果があります。相手ことを考えるときに本当にあっているのかな?不安になることがあるかと思います。

この不安な気持ちが作用すると共感する力が弱まってしましますし、極端ではありますが内向的な人は相手の気持ちに敏感になってしまうので相手のことを考えその結果言いたいことが言えなくなってしまうものです。

逆に外交的な人は相手のことを考えず言いたいことを言ってしまうのでコミュ力というよりは鈍感力が高いと言えます。そのため、内向的な人がコミュニケーションのテクニックを身につければレベルの高いコミュニケーションをとれるようになります。

これは就職活動において内向的な方でも外交的な方でもまずテクニックがあれば面接などを乗り越えられるということです。なぜそう言えるのかを見ていきましょう!

コミュニケーション能力はさまざまな能力の集合体

コミュニケーション能力は抽象的であやふやであることを語るには下記の知識が必要になります。そもそもコミュニケーション能力の定義とは?

就活で求められているコミュニケーション能力はその定義であっているのか?この差を知らないまま面接に向かうと痛い目を見てしまいます。

コミュニケーション能力の定義は
「相手の意図を正しく理解し、自分の意図を正しく伝える能力」

定義を満たすために2つの能力が必要

「社交力」… 誰かとすぐに仲良くなれたり、話が弾むなど印象を含めたの要素

「交渉力」… 傾聴姿勢や共感を持ち、こちらの意図を伝える思考力などの要素


「社交力」「交渉力」の中にも「質問力」「傾聴力」「共感力」「思考力」などがあり、
コミュニケーション能力は様々なの能力の複合体です。

上記の複合的な能力を証明することはとても大変です。しかし、就活では複合的に持ち合わせていなくてもまずは第一印象を上げる能力とマナーさえあれば第一関門は突破できます

そこから先の能力の証明では苦戦を強いられることになるかもしれませんが、抑えるべきピンポイントの能力を磨くことから始めることをおすすめします!

■ 「友人がたくさんいる」はコミュニケーション力の証明にはならない!
  ⇒しかし、「社交力」と「最低限のマナー」があれば、就活は大抵は上手くいく!

抽象的であやふやな能力を語ることはかなり危険

様々なの能力の複合体であるコミュニケーション能力を証明することは至難の業です。なぜならエントリーシートや面接では自分の強みを自己PRとして語りますが、ここでは「私の強みは○○力です。」と定義づけするからです。 この「私の強み」というものは簡単に証明しやすいものと漠然とした抽象的なものに分かれます。

■ 簡単に証明しやすいもの … 行動力、忍耐力、課題発見力 など
■ 漠然とした抽象的なもの … 明るい、社交的、集中力、発想力 など

これらの能力や特徴を自分の強みとしてPRする際には他者と差別化できないといけません。ではどのように差別化するのか?それはその力を使った実績のあるエピソードがあるかどうかです。

しかし、漠然とした抽象的なものは話し手と聞き手の主観で差が生じてしまい、その要素・能力のすごさが伝わらなくなってしまいます。

対処法として「○○力が発揮される要因として私の明るさが影響しています。」など要因として語ることです。そうすることで自分の主観である明るさを生かして○○力を磨いた・使ったエピソードにすることができ、2つの強みを語ることができます。

主観と客観で起こるギャップが判断ができない状況に追い込んでしまうので、できる限りあやふやな能力を語る際は「要因として語る」ことでフォーカスするポイントをズラし、面接官に自分にはこんな能力もあるし実績もあるんですよ!と自信を持って言えるようになるのではないでしょうか。ぜひ活用してみてください!

■ 漠然とした雰囲気や能力は主観と客観のギャップで判断がつかない!
■ 抽象的であやふやな能力を語るときは要因として語ると上手くまとまる!

企業がコミュニケーション能力を語る場合も危険

さまざまな企業の採用担当者の方とイベントに参加していて感じることがあります。

求める人物像として“コミュニケーション力”と語る企業があるということです。

この記事のはじめに求められる能力としてコミュニケーション能力、主体性、チャレンジ精神などが挙げられましたが、個人的に人物像としてはいかがなものかと思ってしますのです。

あるエピソードになりますが、様々な企業と合同模擬面接会をしていたときに学生さんが模擬面接を終えた質問タイムにこのような質問をし、このような回答がありました…。

学生:募集職種が○○とあったのですが、先ほど××といっていたのですが今回募集しているポジションと、その仕事の流れを教えてください。また、今回の人事担当者の方が学生に求められている能力や人物像はどのようなものでしょうか?

企業コミュニケーション能力ですね。社内でしっかりと人付き合いができる人です。

私はこの言葉に違和感を覚えました。

日本ではカタカナ英語が使われるときというのは、そもそもの意味が日本仕様に曲解されていることが多いです。

【 Communication 】
伝達、報道(すること)、(熱などを)伝えること、(病気の)伝染、通信、交信、文通、(伝えられる)情報、通信文、書信

そもそも、コミュニケーションという言葉が意味することは「伝えること」を定義しているのであり、先ほどの例で違和感を覚えたのはその人が言うコミュニケーション能力というのは「よろしく、いい具合に頼むわ!」ぐらいの適当なコミュニケーションで社内政治的なコミュニケーション能力と曲解しているのではないかと思ったことです。

こちらで紹介していない模擬面接会の中でのやり取りもありましたが、本当に会話のキャッチボールができるかという意味であるならば、堅苦しい面接ではなく雑談などを交えながら普通に会話をしたほうがはるかに有意義なのではないだろうか?と思ってしまいます。

私が学生目線に立つならば、志望動機やキャリアビジョン、長所短所だのと並べても、判定基準がよくわからない「コミュニケーション能力」だったなら「それで、あなたは何が知りたいのか?」と思います。

「あなたが求めている人材のスキルや、人物像を教えてください。」と聞いてみて、「コミュニケーション能力」としか答えられない企業ならば、毎日内向きに社内政治と調整ばかりしているんだろうなと思ってしまいますね。

■ 企業が求める人物像に物像にコミュ力を語ってきたらその企業を辞退することもあり!
■ 採用担当者のコミュニケーション能力を図る逆質問をしてみることもあり!

成功する人に必須のコミュニケーションスキル5選

冒頭でコミュニケーション能力とは、様々な力の集合体とお伝えしました。

リーダーなどの人を率いる立場にある人であれば、常に優れたリーダーを目指して自己研鑽に励んでいるかもしれません。

経験や知識を積み上げることにも価値はありますが、働く業界や役割を問わず、成功をつかむために不可欠な専門的技能があります。

それは…

『効果的なコミュニケーションを行う』能力

です。

「効果的なコミュニケーション」とは、話の聞き手と信頼関係を結び、こちらが意図するメッセージを受け取ってもらうことを意味します。

これが適切に実行できれば、クライアントや同僚、パートナーと自分の間にある溝が埋まり、人との意思疎通や人間関係の強化、信頼の構築、さらにはキャリアにおける成功への道を開く上で役立つのではないかと思います。

意識的に訓練することで効果的なコミュニケーションの技能を高めることは可能です。

逆に言えばこれは、何もしないで上達する技能ではないということです。

この章ではコミュニケーションのスキルを磨くための方法を5つご紹介します。

① 意図を明確にする

明確さは、効果的なコミュニケーションの基礎をなす要素です。

話し手が明確さに欠けると、その意図するメッセージを推測させるという難しい作業を、聞き手に強いることになります。

その結果、意図が誤って伝わったり、聞き手を困惑させたりする可能性が高くなってしまいます。しかも、聞き手を混乱させてしまうと信頼を失うことにもつながります。

この問題を解決するには、自身の意図を言葉ではっきりと表現し、なおかつ、本当に意図していることだけを述べるのが肝心です。

さまざまな事柄に触れたくなる気持ちを抑え、重要な1つのポイントに話題を絞ってみるといいです。

こうした縛りを設けることで、伝えたいメッセージに狙いを定め、具体的に話すことが可能になりますし、また、聞き手側も話し手の意図を理解しやすくなり信頼や信用が生まれます。

② 要点を簡潔に

作家のマーク・トウェインはかつて、こんな名言を残しました。

「もし私にもっと時間があれば、もっと短い手紙を書いていたことでしょう」

これは「簡潔に要点を押さえること」が「長々とした文章を書くよりもいかに難しいか」ということを反語的に伝えている言葉です。

ダラダラと長いメールやとりとめのないボイスメールは、コミュニケーションにおいては命取りとなります。

こちらが「思いつくままに考えを綴っている」つもりであっても、相手からは「まとまりがなく不明瞭なムダ話」と受け止められる可能性があります。

これでは、相手はすぐに興味を失い、コミュニケーションの機会も失われてしまいます。

メッセージを伝える場合は伝えたい内容を意識して、本題と無関係の事柄については排除しながら要点をズバリと伝えることが大切になってきます。

③ 聞き手の立場に立って話す

話し手の意図するメッセージを聞き手が受け取ってくれなければ、効果的なコミュニケーションとは言えませn。

そのため「大事なのは自分ではない」ということを胸に刻んでおく必要があります。

私たちは、誰もが自分と同じように考え、行動し、意図を伝えるものだと思い込みがちです。しかし、これは大きな誤りなのだと感じます。

自分主体ではなく「一歩引いて、自分の話を聞く側の立場になり、彼らの望みやニーズを考え、それに合わせる」メッセージの伝え方を調整する必要があります。

さらに、聞き手が好むコミュニケーションの手法についても配慮する必要があります。

意思伝達の方法は十人十色であり、各人に好みのプラットフォームがあるため、ボイスメモを送るのが好きなクライアントがいる一方で、テキストメッセージの方が良いと考えている人もかなり多いと思われます。

また、中には確実なスケジュール管理のために「すべてのやりとりを秘書経由にしてほしい」という方もいらっしゃるので、この件に関して決めつけは禁物です。相手に問い合わせて確認するようにしましょう。

④ 言葉の選択を意識する

話し手が選んだ言葉は「場の雰囲気を決定づけ、聞き手の感情的な反応を引き起こす」という力があります。

どちらも、効果的なコミュニケーションには非常に重要な要素であり、感情を喚起する言葉遣いを自身のボキャブラリーに加えることで、より描写力豊かで関心を喚起する表現が生まれます。

そうすれば「好ましい(nice)」「良い(good)」「上質の(fine)」といった表現を使う必要はなくなっていきます。

個人的な見解ですが、これらの言葉はあまり効果のない4文字言葉だと思います。また一方で、豊かな表現を駆使すれば、話し手の個性が際立ち、聞き手の心をつかみ、メッセージが確実に相手の記憶に刻まれるのではないかと思います。

そして、もっとも避けるべき4文字言葉は

「ちょっと(just)」

です。

この「ちょっと(just)」を使った事例でいうならば「ちょっと気になって連絡しました(Just checking in])」といった表現です。

この言葉を使ってしまうと伝えたいメッセージが薄まってしまい、気弱で自信がない印象を持たれてしまう。

さらに悪いことに、話し手が申し訳ないと思っているように受け止められたり、話し手やその要求がそれほど重要でないと判断されたりするおそれもあります。

コミュニケーションの「方法」は「内容」と同じくらい重要だということです。

行動志向の言葉は、強く明確なトーンを伝え、ダラダラせずに何か行動を起こそうという気にさせてくれます。

可能な限り受動態の使用は最低限に抑えることで、言葉にさらに力と意図を加えることができるのではないかと思います。

⑤ 先を読んだ言動を心がける

話し合いの機会を先送りしたり、憶測をめぐらせたり、あるいは全くフォローアップをしないといった態度では、人の信頼は損なわれてしまい、関係は弱まっていきます。

理想をいえば「問題が起きてから対処に奔走する」のではなく、問題の発生を食い止めて相手から質問が出る前に疑問を持たれそうなポイントについて説明し、一緒に仕事をしている人たちのニーズを前もって読んでおくことができれば最高かもしれません。

これらすべてを実現できるのが、先ほどお伝えしたコミュニケーションです。

自ら率先してコミュニケーションを行うよう習慣づけておくことは、これから起きることを予測して管理しながら、現実的なスケジュールや目標を設定して話しにくい話題を持ち出す勇気を奮い起こすことを意味します。

また、話し合いの内容をまとめ、関係者すべてに最新情報を共有して意思統一を図ること、「コミュニケーションを取りすぎるほど取る」ことも意味します。

意識的にスキルを磨くことで、人は効率の良いコミュニケーションの担い手になれます。こうした技量を持つ人は、他の人との結びつきをつくりやすく信頼と強い関係性を築くことができます。

ひいてはこれが、キャリアにおける成功につながっていくのかもしれません。

それでは今回はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました