【自分探し】学生時代にやっておくべき30の質問(自己分析)

キャリアの手助け

今回は自己分析の一環として【本当の自分を知るための「30の質問」】を紹介させていただきます。

私も社会人になってからこの質問に答えてみましたが、学生時代にやってみたかったなという思いです。

「こんな質問があるんだ!やってみよう!」「こんな考えの人もいるのか!」「自分はどうだろう?」と自分の内面に対して興味を持っていただけると嬉しいです!

今回紹介する内容のソース
▶︎本当の自分を知るための「30の質問」挑戦せずに真実を知ることができますか?

本当の自分を知るための「30の質問」

① 自分の年齢を知らなかったなら、あなたは何歳だと推測しますか?

② どちらを望みますか?

人生の最期に、多くを語るのか? それとも多くを行うのか

③ もしも、人間の平均寿命がわずか40歳だったなら、人と違う生き方を選びますか?

④ 幸せがお金でだけで決まる。

そんな世の中だとしたら、何があなたを豊かにするでしょう?

⑤ あなたはどちらを選びますか?

正しいことを行う」か? 「物事を正しく行う」のか

⑥ 「心配性な天才」もしくは「楽しいバカ」、あなたならどちらを好みますか?

⑦ 昔の思い出を全部失うか、創造力を捨て去るか、あなたは、どちらを選べますか?

⑧ 挑戦することなく、真実を知ることがあなたにできますか?

⑨ 人生最大の危機に直面したことがありますか?

もし、ないのならあなたにとっての危機的状況とは何を指しているのですか?

⑩ 単に「生かされている」だけではないですか?

自らの意志で「生きている」と、本当に言えますか?

①~⑩の質問にはいくつか選択式の質問があり、私自身は「自分ならどうするかな?」といった「行動面」が見られている気がしました。

率直に問いかけられ、そこまで深く考えずに答えが出てくる質問が多かったように感じますが、改めて自分に問いかけてみると意外と深いですね。

今日したことで、実際に覚えていることは何ですか?

自分の信じることをしてますか?

もしかしたら、あなたはただ時を過ごしているだけでは?

実際に人生をどのくらいコントロールできていますか?

⑭ あなたが誰かにひとつだけアドバイスできるとすれば、それは何ですか?

狂気と創造力との境界線があなたに分かりますか?

もしも、世界で一つだけ変えることができるとすれば、何を変えたいと思いますか?

有名人になるため、人生の10年を捧げる覚悟はありますか?

仕事量を減らすか、情熱を注げる仕事に多くの時間を費やすか、あなたはどちらを選びますか?

⑲ 代わり映えのしない毎日をただ、繰り返しているだけ。そう感じたことがありませんか?

「過ちから学ぶ」と言うのならなぜ、あなたは過ちをそんなに恐れているのでしょう?

⑪~⑳の質問では、私自身「このときこの場面の気持ちは?」といった「感情面」が見られている気がしました。

「信じていること」「変えたいこと」などの緩めなワードから「覚悟」「恐れ」などのきつめな表現のワードまで自分の想いに対して問いかけてみると、奥底に眠っている感情が引き出さる感覚になりますね。

㉑ あなたを幸せにするものがなぜ、みんなを幸せにすることがこんなにもできないのでしょう?

㉒ なぜあなたは、「あなた」なのでしょうか?

㉓ 誰一人、あなたを評価する人間がこの世にいなかったら、なにか今と違うことをしていますか?

㉔ 人生の中であなたが本当に愛しているのは何ですか?

㉕ あなたが今、決断していることはあなた自身のため? それとも他の誰かのためですか?

㉖ 死ぬことが分かっていたら、どうやって生きるべきでしょう?

㉗ 失敗してしまうのと、一度も挑戦しないのとどちらが本当に悪いこと?

㉘ 手放す必要があるのに、それをできていないのはどこに問題があるのでしょう?

㉙ 5年前にあなたを混乱させたことそれは「もう関係ない」こと。

どうしてそう言えるのですか?

㉚ もし「今」じゃないのなら、いったい「いつ」やる気ですか?

㉑~㉚の質問では、私自身「かなり漠然としたものをどう捉える?」といった「感覚的な面」が見られている気がしました。

例えば「法律」のような決められたことではなく、「道徳」「モラル」「哲学」などの視点からどういった考え方があるのかといった決め事がないことを問いかけてみると、「常識ってなんだ?」というる感覚になりますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

すべての質問に答え終わったときに私は自分の心の声をいつも意識するようにしようと思いました。質問1つひとつに自問自答することで「自分のことを自分がどれだけ理解しているのか」が分かるようになりますね。

自分のことすら分からない人が、どうやって自分の人生を選択しているのか。世間にとっての幸せではなく、自分にとっての幸せな人生を歩むためにも是非とも時間をとって、この30の質問に答えてみてください! 特に学生の方は就職活動を含めて自分の価値観が洗い出されるのでオススメですよ。

それでは今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました