Fラン大学の就活は終わってる? Fラン大学の就活戦略

ぶっちゃけトーク

私自身、地方の私立大にスポーツ推薦で入学し、就職活動の時期になって自分の大学のレベルが気になり、その当時ネットで調べてみました。そこにはハッキリと「Fラン大学」「学歴フィルターで終わる大学」と目にしたことを覚えています。

現在は企業の採用担当になり、たくさんの学生さんと話していると何かと話題になるのが「学歴フィルター」や「Fラン大学」といった就活事情です。

実際に、就活では高学歴層に比べて不利な点も多いです。Fラン大生自身もよく分かっていることかもしれません。しかし、本当にそれを覆す方法はないのでしょうか?

この記事では、「Fラン大学は就活が終わる」と言われる理由、Fラン大生の就活の実態、Fランが就活を成功させるための方法を企業選びと選考対策の両面から解説します。

「Fラン大学は就活が終わる」と言われる理由は?

そもそも、「Fラン大学は就活が終わる」と言われる理由は何なのでしょうか。

  • 学歴フィルターで落とされる
  • 書類選考・webテストで落ちやすい
  • 就活の情報が入ってきづらい

それぞれ詳しく見ていきましょう。

学歴フィルターで落とされる

学歴フィルターとは、それぞれの企業が定める学歴を下回っている学生を採用から外すことです。これにより選考を受けられないどころか、説明会にすら参加できないケースもあります。

学歴フィルターの有無や、学歴の基準は、企業によってまちまちです。しかし一般的に、難易度がとても高い企業を除いて、MARCH・関関同立以上であればだいたいどの企業の学歴フィルターも通過できるでしょう。企業によっては落とされることもあるのが日東駒専・産近甲龍のラインです。

それにもかからない大学の方は、学歴フィルターでふるい落とされる確率が高く、周りと同じような就活をしていても通らない可能性があると思っておいた方が良いです。早い段階から就活を始めるなどして、他の学生と差別化する必要があります

書類選考・webテストで落ちやすい

学歴フィルターを採用している企業は、書類選考の段階で、自社で定める学歴に満たない学生を落としてしまいます。Fラン学生というだけで書類の中身すら見てもらえないのです。

またwebテストは、きちんと勉強をすれば得点を取れるものなのですが、Fラン学生はそもそも基礎学力が低いことが多いのは否めません。高校時代の勉強の成績の結果が今の学歴と考えると、何も準備しなければ学歴が低い人ほどwebテストで落ちやすいというのは、容易に想像がつくのではないでしょうか。

しかしこれは、何もしなかった場合の話です。裏を返すと、事前に対策さえしておけばFランだろうと関係ないのです。

出題されるのは必ずしも正統派の問題ばかりでなく、パズル的要素など知能テストのような内容もあるので、高学歴だからといって必ずしも有利ではありません。Fランは落ちやすいと言われているだけで、努力次第でどうにでもなります。

就活の情報が入ってきづらい

企業はできるだけ良い学歴を持つ学生を採用したいため、高学歴と呼ばれる大学に向かって積極的に情報発信をする傾向があります。受け身でいては、Fラン大生にはなかなか情報が回って来ないのが実情です。

そこでFラン大生は、他大学の学生から就活の情報収集をするために、意欲的な学生が集まる学外のコミュニティを持つことが非常に重要になります

そのためには就活イベントに参加するのが一番の近道です。イベントでは実際に企業の人事の方から会社概要が聞けるほか、5~10人ほどの就活生でグループワークを実施します。多くの場合、同じグループで2回以上グループワークを行うので、友達ができやすいです。

様々な大学から、同じような業界に興味があり、就活に意欲的な学生が参加しているので、必ず一度は参加しましょう。

Fラン大学生の就活の実態

ここからは、Fラン大学生の就活の実態を解説します。

大学のキャリアセンターが役に立たない

大きな特徴のひとつは、大学のキャリアセンターが役に立たないことです。

偏差値の高い大学は、大企業とつながりが深い傾向にあります。一方で、Fラン大学のキャリアセンターがつながっているのは、ほとんどが中小企業です。地元密着型の企業のこともあります。

就活の手始めとして、学内での企業説明会に参加する人も多いと思います。しかし、このような状況のため、そこに参加する企業にもあまり期待はできません。名前を聞いたことのある企業が来るケースはほとんどないと言って良いでしょう。もし知名度のある企業であっても、飲食業界などに偏りがある傾向があります。

自分が志望する企業を目指すなら、大学のキャリアセンターが役に立たないので、何か他のところを使う必要があるでしょう。

グループディスカッションで無視される

グループディスカッション(GD)で無視されることもあります。

上手に立ち回れれば良いのですが、慣れていない段階だと、なかなかうまくいかないときもありますよね。そんなつもりがなくても他の人の邪魔をしてしまったり、結果的にGDのクラッシャーのようになってしまったりした経験のある人もいると思います。

GDをしている際中、誰がどこの大学出身かをずっと意識していることはないでしょう。しかし足を引っ張ってしまうと「やっぱりFランはダメだ」とレッテルを貼られてしまうことがあります。同じようにGDが下手だったとしても、残念なことに高学歴な人よりシカトされやすいのです。

本来であればこんなことはあってはなりませんが、そういったケースもあるのが現実ですFランのレッテルに対抗するには、上手にふるまうしかありません。それには事前の準備が肝要です。

Fランが就活を成功させるには?【企業選び編】

不利な状況に置かれることも多いFラン大学生が、就活を成功させるにはどのような方法があるのでしょうか。まずは企業選びの方法を解説します。

  • 学歴フィルターがある企業を選ばない
  • 大型合同説明会ではなくイベントに参加する
  • スカウトサイトに複数登録する

順番に解説します。

学歴フィルターがある企業を選ばない

企業にエントリーしてもFラン出身というだけで選考すら進めないのが学歴フィルターです。集団面接の際に話をあまり振られなかったり、ESを通してもらえないこともありますが、大手企業や有名企業の場合は説明会のエントリーすらできない場合もあります。それ以前にリクルーターが付かないのも暗黙の了解です。

しかしそんな会社ばかりではありません。学歴フィルターのない企業も世の中にはたくさんあります。そういった企業を探し、学歴以外の自分の魅力を大いにアピールしてください。

もし自力で探すのが難しい場合は、自分にあった企業を紹介してくれる、就活エージェントを利用するのも方法のひとつです。学歴フィルターのない企業を選び、エントリーの手伝いもしてくれます。

大型合同説明会ではなくイベントに参加する

就活イベントは、複数の企業が一堂に会し、企業説明会、GDやグループワーク、座談会で構成されていることが多く、当日のパフォーマンスによってはESや一次面接免除などの特別選考ルートへの案内がもらえることもあります。

おすすめは年間1,500回近くのイベントを日本全国32ヶ所で開催している「Meets Company」です。履歴書1枚を持参すれば参加でき、イベント終了後も専任のリクルーターのサポートなど手厚いアフターフォローが受けられます。

また、「digmee tryout」もおすすめでのイベントです。こちらは1回で7社の本選考・インターンの選考を同時に受けられるのが特徴となっています。東京と大阪の2ヶ所のみの開催ですが、毎回、リクルート、DeNA、freeeなどの人気IT企業が参加しているので、そちらに出る機会があればぜひ参加してみてください。もちろん学歴は関係ありません。

スカウトサイトに複数登録する

スカウトサイトは、学生が企業を探してエントリーするという通常の就活の流れとは逆で、企業が学生を探してスカウトする就活の形態です。逆求人サイトとも呼びます。

ポイントは複数登録することです。予算の関係でひとつのスカウトサイトにしか掲載できない企業も多いので、ひとつしか登録していないと、せっかく自分に興味を持ってくれるかもしれなかった企業を取りこぼす可能性があります。多くの就活生が利用しているスカウトサイト

  • OfferBox…就活生の利用率No.1!学歴フィルターがかかりにくい
  • キミスカ…登録後、担当キャリアアドバイザーがつく
  • dodaキャンパス…運営元はベネッセ。就活生の5人に1人が利用

一度プロフィールを登録すれば、あとはスカウトを待つだけです。全て無料で利用できますので、3つのサイトに全てに登録しましょう。それぞれの特徴を下記に補足します。

Fランが就活を成功させるには?【選考対策編】

学歴フィルターがない企業もあるとお伝えしました。しかし、ESの評価が同じ学生がいたとしたら、高学歴な学生の方を優先されやすいのは否めません。

自分は学歴以外で勝負したい!と思ったとしても、書類選考では人事に伝えられる情報が限られていてなかなか難しいでしょう。とにかく面接にこぎ着けることが大事です。面接の機会を増やす必要があると意識しながら対策をするのが肝と言えます。

  • webテストは徹底的に対策する
  • 就活エージェントで選考対策をする
  • インターンに参加する

1つずつ見ていきましょう。

webテストは徹底的に対策する

まず、webテストは徹底的に対策しましょう。これは正答しただけ結果が良くなり、Fランだろうと関係ありません。もっとも公平な採用試験とって良いものです。

対策方法はさまざまですので、自分の取り組みやすいものからしっかりと準備をしてください。

就活エージェントで選考対策をする

就活エージェントは、専属のキャリアアドバイザーが付き、就活の全般にわたってサポートしてくれるサービスです。

先程「ESの評価が同じ学生がいたとしたら、高学歴な学生の方を優先されやすい」とお伝えしました。それはつまり、自分をより魅力的に見せなければ高学歴な学生と同じ土俵にも立てないことを意味します。とはいえ、自力で魅力アップをするのはなかなか難しいですよね。

そこで借りたいのがプロの力です。就活のプロであるキャリアアドバイザーは企業側の気持ちも知り尽くしており、人事に対して学生の何をどのようにアピールすれば良いか、またどういった企業を学生に紹介すればマッチしやすいかを心得ています。

そのため自分ひとりでやみくもに進めるよりも効率的ですし、Fランだからどうこうではなく、あなた自身を見てもらいながら就活ができます。

インターンに参加する

一般的に、インターンに参加するにはそのための選考を受けなければなりません。まずここで選考の場慣れができます。

さらにインターンに参加すると、同じような業界に就職を目指す他大学の学生たちと知り合えます。これにより横のつながりができるので、一緒に就活関連のイベントに行ったり、GDの練習をしたり、情報交換をしたりする仲間ができます

まとめ

今回は「学歴フィルター」や「Fラン大学」といわれる話題についての理由、Fラン大学生の就活の実態、Fラン大学が就活を成功させるための方法を企業選びと選考対策の両面から解説しました。

Fラン大学だからといって勝負を捨てることなく、未来を切り拓いてください。

私自身もそうでしたがFラン大生にもチャンスはあります!

それでは今回はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました