Fラン大学は就職できない?オススメの就職先と就活方法

ぶっちゃけトーク

私自身、地方の私立大にスポーツ推薦で入学し、就職活動の時期になって自分の大学のレベルが気になり、その当時ネットで調べてみました。そこにはハッキリと「Fラン大学」「学歴フィルターで終わる大学」と目にしたことを覚えています。

現在は企業の採用担当になり、東京一工、早慶上智、MARCH、日東駒専…。とさまざまな大学がある中で、偏差値順に大学をグルーピングし呼び名がつけられていることを改めて意識するようになってしまいました。

しかし、このようなグルーピングにも含まれないような大学は数多あり、さらにその中でも偏差値が低い大学はFラン大学と称され、たくさんの学生さんと話していると何かと話題になるのが「学歴フィルター」や「Fラン大学」といった就活事情があります。

実際に、就活では高学歴層に比べて不利な点も多いです。Fラン大生自身もよく分かっていることかもしれません。しかし、本当にそれを覆す方法はないのでしょうか?

まだまだ就活には大学の名前、学歴が関わってくるといわれています。しかし、そんなものにも屈せず、Fラン大学と言われたって就活で希望の企業に入社できる可能性だってあります!

今回はその就活におけるポイントやどのような学生が就職に失敗して、どのような学生がFラン大学であろうと就職に成功するのかの違いをお伝えします!

Fラン大学生の就活が不利と言われる理由

なぜFラン大学生は就活に不利と言われるのか…。それは“学歴フィルター”が存在するからです!

学歴フィルターが存在するのは何故か。それは学歴の良いとされる上位校生のほうが、努力をすることや仕事の覚え、パフォーマンスが良い傾向にあるためです。

学力の高い大学に入っているということは、高校生までに勉強で努力を積んだということやその努力を実らせてきたことを示します。そのためFラン大学生は学歴フィルターという存在によって就活が不利となってしまいます。

就職できない?就活で失敗するFラン大学生の特徴

Fラン大学に通っている学生でも優良企業に就職できないわけではありません。しかし、就職が決まらない学生の方が多くいます。

就職がうまくいかない学生にはどのような特徴があるのか見ていきましょう!

周囲に流されてしまう

大きな特徴の1つは『環境』です。

周囲の学生も講義中に話しをしていてしっかりと講義を受けていなかったり、就活もまじめに行わないなど、意識が高いとはいえないような学生は多く存在しています。このような学生がFラン大学に限っているわけではありませんが、その比率が大きいのが大きな特徴といえるでしょう。

人間は環境に左右される生き物です。周囲の人間がこのような状況では学業を疎かにしてしまったり、就活の情報へのアンテナが小さくなったりしてしまうでしょう。

また周りに流されてしまうことで、日ごろからの努力を怠ってしまい、いざ就活となったときに大学生活で頑張ったことが見つからないという事態にもなりかねません。

環境で周りに流されやすい人は就活でもうまく行きにくいことが多いといえるかもしれませんね。

ネームバリューのある企業ばかリ探してしまう

昨今の人気企業の倍率は100倍にも200倍にも及びます。そして、倍率が高い企業ほど、採用コストを下げるために学歴フィルターによって書類選考の手間を省くといった効率化を重視した活動をします。

学歴フィルターとは在籍している大学が企業からランク付けされ、一定以下と分類されてしまうと面接の実施やエントリーシートを読んでもらう以前に、不合格とされてしまう仕組みです。そして実際の声としては就活生の4割の学生が学歴フィルターを感じているというデータがあります。

また、競争倍率の高いような企業の筆記試験や面接では、努力してきた偏差値の高い大学の就活生でさえ落ちてしまいます。0%とは言えないにしても、Fラン大学の就活生がそのような競争を勝ち抜くことは難しいでしょう。一体なぜ、人気企業はここまで倍率が高いのか?

それは「知名度というただの人気」というだけです!

えっ…?本当にそれだけで? と思われるかもしれませんが、ただ人気なだけなのです。よくCMで企業名を見る、小さいころからなぜか聞き覚えのある会社だ、何故だか知っている。その知名度からそのような理由から人気が殺到しているのです。

確かにネームバリューのある会社に入社することができれば拍がつきますし、周囲の人からの評価を得ることもできるかもしれませんが、それ相応の倍率を誇っているのも事実です。

無謀とまでは言いませんが、このような企業ばかりをチャレンジしているといつまでたっても内定を手に入れることができない、就活で失敗したといわれるような結果になってしまう可能性が高まりますね。

優良企業に就職できるFラン大学生の特徴

これまでは、優良企業からの内定をとることができないFラン大学の就活生の特徴を述べてきましたが、一方で、優良企業からも内定を勝ち取るような就活に成功するFラン大学の就活生も存在しています。

そんな方たちにはどのような特徴あるのか見ていきましょう!

自らの頭で考え動いている

まず大前提となるのは、自らの頭で考えて行動する「考動」を起こすことができる人物です!

日ごろの行動や機会選択の際に自らの頭で考えているのかは非常に重要であり、周りに流されるようなことをしていると、失敗した際や苦しい立ち位置のときに様々な外部要因を言い訳にすることができてしまいます。

「Aさんについて行ったから結局失敗した」
「みんなが言うからやったけど、本当は違った」

などと日頃から言い訳をする人は、重要な場面でも言い訳をしたりそもそも自分で物事を決めることができずにどんなことも他責になってしまします。そして企業からも「この人は結局自分では何も考えてないし、周りについていっているだけか」と思われてしまうでしょう。

ですから、自らの頭で考えて決めて、行動を起こすことで自らの行動に責任を持つことができ、責任を持っているからこそ苦しいときに次の一歩、新しい行動に移行することができる人材のほうが企業から求められるでしょう。

違う世界に踏み出してみる

自らの足を動かして世界を広げていくことも非常に重要なことです何故、環境を変えるために外部に踏み出すことが重要なのかというと、それは「Fラン大学と上位校では就活に関する情報の量が桁違い」だからです。

上位校では大手から複数内定を取った先輩の話を聴く機会もありますし、比較的早い時期から企業が説明会などを開きにくるので嫌でも情報が入ってきます。その一方で、Fラン大学生は就活の情報に疎い人の集まりなのでそこのコミュニティにいてもなかなか情報が入ってきません。

大学以外のコミュニティを入ることで、今までと違う情報が入ってくるので、違う世界に飛び込んでみましょう。特に長期インターンは就活を経験した社会人とコミュニケーションを取れるので、就活に関する役立つ情報が手に入るのでオススメですね。

キャリアを見据えた企業選びをしている

企業選びで重要なことは、大企業に入ることではなく、自分に合った企業に入ることが重要です。

自らに合った企業というのは、自らの趣向性があっているのかどうかや、将来を見据えた時に必要な能力を身につけるような機会となりうる企業なのかがポイントです!

なぜいい企業を目指すことが重要なのか。それは、いい企業であることで将来の選択肢が広がったり、自身へのストレスになりにくいといった点があるからです。

大企業ともなると学歴の派閥や人数があまりにも多いため昇進できずに、ずっと同じ仕事や立場にとどまってしまうことはよくあることです。また、企業名だけで選んでしまうことで社風が合わず心理的に負荷がかかり、働くことがつらくなってしまうこともあります。

そのため、どれだけ自分に合ったいい企業を見つけるのかが重要になってきます。

面接対策をしっかりしている

Fラン大学の就活生にとって、最後に重要となるものは「面接対策」です!

面接対策において最も大切なのは、周囲の何倍も何十倍も練習して対策を立てることです。なぜ、面接対策がそこまで重要となるかというと、それはFラン大学にはアドバンテージがないということです。

学力上位の大学から来た就活生が相手の場合は、たとえその面接がうまく行かなかった場合でも、「緊張しているのかな、でも〇〇大学の学生だからきっと優秀だろう」と面接官に判断される場合があります。これがアドバンテージです。

しかし、Fラン大学の就活生に対しては違います。面接がうまくいかないと「緊張しているのかな、この子うまく話せていないな」と、そのまま評価されてしまったり、学力上位の大学の学生と同じ結果を出せたとしても、アドバンテージの差で負けてしまう可能性も出てきます。

そんな相手に打ち克つためには、志望動機や自己PRを上手に伝えきることでFラン大学というアドバンテージなしの状況を挽回することが重要です。つまり内定を勝ち取るためには、十分な面接対策をしておくのが必須といえます。

面接対策にはさまざまな方法がありますが、模擬面接では必ずフィードバックを細かく貰うようにしましょう。エピソード内容をより効果的に伝えたり、自分では言葉にできなかった部分も実はアピールポイントになると気付けることもあったりと、それらを踏まえて次の作戦を立てられます。

Fラン大学生にオススメの業界

ここまではFラン大学の学生の就活に成功するパターンと失敗するパターンのそれぞれの特徴を紹介してきましたが、成功するパターンからたとえFラン大学と呼ばれるような大学に通っていたとしても、まだまだ可能性が残されていることがわかりますね!

しかしながら、まだまだ学歴の壁は高いものです。そこで次にFラン大学の就活生でも就職しやすい業界を今回は2つ紹介していきます。2つ以外にもいくつかありますがどちらかというと地方寄りの地元中小企業系がメインとなりますので、大きく分けて2つの業界とさせていただきます。

ITベンチャー系

なんといってもITベンチャーは外せないでしょう。歴史の長い企業や大手企業とは異なり、ベンチャー企業は学歴を気にしない傾向にあります。あくまでも実力主義の業界といっても過言ではありません。そのため、自身の頑張り次第ではどれだけでも這い上がっていくことだって可能です!

もちろん実力主義だという側面があるため、中途半端な気持ちで挑んだり、志望すれば高確率で採用されたりするわけではありません!ただ、Fラン大学という学歴を加味されない業界としてはオススメできます。

では何故ベンチャーの中でもIT系なのか。それはITであれば学歴が考慮されにくく、転職した際の未来も明るいため、ITという業界は個人の力量が非常に重要視される業界です。

その為学歴でなくどれだけスキルがあるのか、あるいはスキルを身に着けようとしているのかが問われます。加えて、働きながらスキルを身につけることにより、転職を考えた時に同じ業界でもよりステップアップする可能性も秘めています。

公務員

続いてまさかの公務員です。本当に?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、就活において公務員は挑戦しやすい業界です。

公務員というイメージは堅実でどちらかというとまじめな層が行きそうな就職先だとは思われがちですし、そのように考える学生も多く存在しています。しかし、誰だって公務員になる挑戦をする資格はあり、公務員試験は司法書士や行政書士のような超高難易度というわけではないのです。

もちろん、公務員試験が簡単というわけではなく予備校に通ったり、または独学では相当な集中力が求められます。それでも筆記と面接のそれぞれに対策を立てれば、個人差はあると思いますが1年勉強すれば受かるといわれています。

また、公務員試験では学歴は考慮されにくいといわれています。裏事情としては公平さが必要な場で合格者の出身校にFラン大学がなければ叩かれることになるからです。そのため公務員も勉強さえすれば後は学歴などあまり関係ない、実力勝負ができる業種なのです。

ちなみにオススメの公務員は「地方公務員」です。地方公務員は、他の難関公務員試験よりも難易度が低く、また地域性をアドバンテージにする場合もあるので地元の地方公務員を狙うといいかもしれませんね。

まとめ

Fラン大学に通っているというだけで就活を諦めていませんでしたか?
世間ではFラン大学は就活オワコンだといわれてもいますが決してそのようなことはありません!

確かに高学歴と比べ環境やスタートラインが異なっていることはあるでしょう。だからといって、諦めるのではなく努力を続けることによって自ら道を切り開いていき、 勝負を捨てることなく未来を切り拓いて学歴の壁を乗り越えていきましょう!

私自身もそうでしたがFラン大生にもチャンスはあります!

それでは今回はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました