やりたいことが見つからないときに考えるべき8つの方法とは?

お役立ち情報

「自分がやりたいことは何だろう?」「やりたい事が分からない…」といったお悩みはありますでしょうか?

もしこのような悩みを抱えているのなら、これからご紹介する自分の本当にやりたいことを見つける8のワーク」を是非とも実践してみてください!

私は“社会人になってからこのワークを通じて人生の選択”をし、“次の一歩を悩んだときはこのワークを通じて方向性を定めて”きました。このワークで新しい一歩を踏み出すことになった方たちも目の当たりにしてきました。

しっかり時間をかければ2~3時間はかかるワークかと思いますが、自分の時間をしっかり確保して取り組んでみると悩んで動けない状態から、次に自分が取るべき行動が明確になると思います!

20歳までの人生を振り返る

ヒトの基本的な性格は20歳までにほぼ完成していると言われています。

あなたが本当にワクワクしている感覚は20歳以前のものの方が、より本質に近い感覚となっています。

目を閉じて、幼稚園・小学校・中学校・高校・大学時代の思い出を呼び起こしてみてください。アルバムなどを見ながら行うと、より一層明確にイメージできます。どんな些細なことでも構いません。

自分が好きだったこと、興奮したこと、ワクワクしたことを書き出していってください。

どんなことでもOKです。好き勝手書き出してみてください!

人生のハピネスグラフを作る

人生のハピネスグラフとは、y軸に幸福度を、x軸に年齢を取ります。

人生の中で“TOP5”の嬉しかったことを幸福度の度合いで視覚化します!

私の場合はこんな感じになりました。

次にTOP5を視覚化したらそれぞれの項目で「なぜ幸福度が高かったのか?」を考え、それぞれの項目での「共通点」を探ります!

そうすることでこのワークを通じて、自分がどんなことに対して情熱を注げるのかわかります。

エニアグラムで自分の特徴を知る

進路,やりたいことが見つからない,仕事,大学

出典:https://jibun-compass.com/enneagram

エニアグラムとは、人間が生まれつき持っている資質を9つのタイプに分類した性格分類学です。

エニアグラムでは、性別、国籍、遺伝などは一切関係ありません。

もともと生まれ持った資質を9つのタイプに分け、それぞれの思考や行動、強みや苦手なことを教えてくれます。

エニアグラムを使って自分がどのタイプかを知ることができれば、自分がどんな状況でどんなことを考えるか、どんな行動をとるかをあらかじめ知ることができるんです。

by https://jibun-compass.com/enneagram

エニアグラムを無料で診断できるサイトがあるので、こちらから診断をしてください!
・エニアグラム無料診断

私自身は占いなどは信じないタイプですが、診断してみると意外と当たりすぎて本当に焦りました…(笑)是非ともチャレンジしてみてください!

お金を得てきたことを書き出す

過去から現在にかけて自分が「どんな組織」から「どんなお仕事」でお金を稼いできたかを書き出していきます。

「お金」は自分の仕事に対する対価であり、社会への貢献度を表しています。これを書き出すことで、自分がどんな価値を提供してきたのかを客観的に知ることができます。

仕事は人生の大部分を占める大事な要素です。どんな手段でお金を得ているかを知ることで「この稼ぎ方はいやだ!」「この稼ぎ方を多様化させよう」など、仕事に対する自分の考えを整理する事ができるようになります。

自分だけの武器を理解する

自分がやっていることの中で「あなたの周りの友人でやっていないこと」があるのなら、それは間違いなく“自分の個性であり武器”となります。

私自身もこのワークをする際に意外と友人が何をやっているかを知りませんでした…(笑)

また自分の個性を知ることで、その個性を使って友人を助けられたり、新しい稼ぎ方に巡り合える可能性も出てきます!

これらが自分の強みだと知ることができれば、どんどんその能力を活かす場を提供してもらえます。

好きなことでお金を稼ぐ第一歩としても、このワークで自分の武器を明確にしてみてください。

友人・両親に自分の長所・短所を聞く

自分の性格や長所・短所は、正直なところ自分では判断ができませんよね?だからこそ、周囲の方たちの力を借りて客観的に見た自分の長所・短所を把握しましょう!

友人、家族、会社の同期や上司など、話を聞ける人には片っ端から聞いて見ることをオススメします。それぞれの環境で自分がどう見られているのか、その違いを知ると本当の自分の特性がわかってきます。

しかし、まずは自分で自分の長所と短所を書き出してください。

これは、あとで自己評価と客観的な評価でどれくらい差があるのかを確認するためです!

・自分視点での長所と短所
・会社の上司から見た長所と短所
・大学の部活の同期から見た長所と短所
・両親から見た長所と短所
・兄弟姉妹から見た長所と短所
・男友達から見た長所と短所
・女友達から見た長所と短所
・大学の親友から見た長所と短所

私の場合はこのワークを通して、どの人に聞いても与えている印象はそこまで違いがないので、いつも素の状態で過ごせているのだろうかと分析しました。

そして詳しく分析してみて驚いたのは「初めに書いた自己評価での長所と短所ともそこまで差がない」ことです。

“自分は、自分が思っている通りの人になる”という言葉があるように、私が思ってる通りの印象を与えていました。

これは言い換えれば“自分がアップデートしたら、周りに与える印象もアップデートされるということ”であり、常に自己研磨をする必要があるということですね。

たくさんの人に聞いてみると新しい自分とも出会えるますし、楽しみながらワークをしてみてください。改めて自分のことを知るのはとても面白くオススメです。

人生のロールモデルを書き出す

ここでは、自分が尊敬する人や参考にしたいと思っている人物を3人書き出してください。

ここで選ぶ人物は身近にいる人でなくても構いませんし、マンガの登場人物などでも大丈夫です!

大事なことは、選んだ人物から自分がどんなライフスタイルを大事にしたいのか、どんな人生を歩みたいのかを明確にすることです!

共通項としては「自分の意思・思いに従って力強く生きている」という点です。

私自身も既存の常識にとらわれることなく、自分のやりたいことに全力を注ぎ、イキイキと人生を歩んでいくことを意識しています。

みなさんは、どんな人生を参考にしていますでしょうか?選んだ3人の生き方によって自分が大事にしたい生き方がわかりますし、明確になった人生像に近づくためのアクションを考えてみることをオススメします!

他人の役に立てる事を書き出す

最後のワークはあなたがワクワクし、かつ、人の役に立てることを書き出していきます。

このワークをすることで、自分の強みを活かした仕事を具体的にイメージすることができます。自分の持っている能力がどうやって社会の役に立つのかを言葉に落とし込んでみましょう。

そうすれば、自ずと自分がどんな仕事をするべきなのか見えてきます。

あなたのやりたいことは、必ず見つかるから大丈夫!

「自分の本当にやりたいことを見つける8のワーク」として紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

このワークは時間がかかりますし、頭も使うので、大変かもしれませんが、自分の人生を切り開くとっても大事なワークです! ワークをやり切ることで、次の一歩を踏み出すための道筋が必ず見えてきます!

私はこのワークを通じて、社会人になった後に大学院に進学することを決意し、現在は教育文化の中で専門性を高めるための資格取得を決断しました。

人生において大きな変化を生み出す可能性のあるこの8つのワークを是非とも実践してみてください!

それでは今回はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました