就活で好印象をあたえる身だしなみ 服装・髪型のポイント

就活基礎講座

就活生からよく聞く悩み・不満の1つに面接での服装や髪形があげられます。

この悩みが何故引き起こされるのか?それは昨今の就職活動では「個性を尊重」であったり、「人柄を最も重視」といった視点で採用を行っているという風潮にある中で、「リクルートスーツ」や「髪型」「化粧」などの外見に関してあまりにも規制が多く一律化されがちな現状があるからです。

この問題は学生だけでなく多くのネットメディアも警鐘を鳴らすほど大きな問題になっており、今に始まったことではありません。そして長い間批判され続けてはいるものの、依然状況に大きな変化は見られない状況です。

今回は改めて求められている服装・髪型について一般論を交えてポイントを紹介していきます。

服装:スーツの選び方ついて

まず就職活動において、説明会や面接など選考要素が加わってくるフェーズでの服装はリクルートスーツが無難(必須)です。インターンシップや座談会などの軽いイベントは私服でも問題ないと思いますし、一部企業では選考要素があるフェーズでも私服を可としています。

しかし、世間的なズレと相手に与える印象を考慮するとリクルートスーツを選ぶことをオススメします。そしてスーツ選ぶにあたって気にしたいポイントは以下3つです。

・サイズ
・色
・柄

リクルートスーツを選ぶという意味で基本となるのは「リスクの排除」です。

「リスクの排除」とは、個性や差別化という観点を一切排除し「面接官に対して悪い印象を与える可能性」をできるだけ減らすことだけに集中した服装の選び方です。

以降は、あくまで「リスク排除」の視点から最適であるリクルートスーツの選び方をお伝えします。これに遵守することが必須なわけではないし、ベストな選択というわけでもありませんが、少なくともこの服装を心がけることで人事から服装で悪印象を持たれることはほとんどないでしょう。

第一印象でのプラスもマイナスもない状態で純粋に面接で勝負することができます。

サイズはジャストサイズ

サイズについては自身の体にジャストサイズなものが望ましいでしょう。

とはいえ、スーツについてジャストサイズというのは言うまでもなくMやLといった話ではありません。しっかりとお店で採寸を行い、自身の体にあったものに調整してもらうのが最も望ましいでしょう。

色は「黒」か「紺」

色は一般的には2択であるといわれており『黒』か『紺』が好印象です。

厳密には「好印象」というよりも「悪印象にはならない」のほうが正しいです。この2色の間に大きな差異はないのですが、『黒』はややしっかりとした印象、『紺』はやや爽やかな印象を与えることができます。

スーツにもさまざまな色がありますが、 少なくとも無難な服装としてはこの2色から選んでおけば悪印象を与えることはないかもしれません。

柄は無地

リクルートスーツにおいて『柄』は命取りになる可能性があります。

薄い無地くらいであれば問題ないと言い切りたいところですが、受け手がどう感じるかは読めないこともあり、場合によってはそれでも「チャラいた印象」を与えてしまう可能性があります。

もちろん業界によって傾向は異なりますし、結局のところはその人次第なところもありますが、リクルートスーツのを選ぶということは「リスクの排除」です。そのため「無地」であることが一番安全であり、無地のスーツであることで悪印象を与えることはあまりないかと思います

服装:男女別スーツの着こなし方について

リクルートスーツについては「リスクの排除」という観点から完璧なリクルートスーツを購入したとしても、それを着こなせ得ていなければ意味はありません。

着こなしがだらしなくなってしまっては、結局それはそれで悪印象になってしまいます。一般的に正しいとされている着こなし方を認識し、リスクのない服装にを心がけましょう。

【男性】リクルートスーツスーツの着こなし方

男性には「ネクタイ」というアイテムが必須になります。ネクタイでは、リクルートスーツという概念の中でも最も自由度の出せるので、どのような印象を与えたいのかを考えて、自分の想い・個性に合ったネクタイを選んでアピールしましょう。

たとえば『青色系』ではさわやかな印象、『赤色系』はやる気のある感覚を与えることができます。色の力は意外と絶大ですので、自分のアピールしたいものに適した色を選びましょう。

また、ワイシャツは白無地などスーツと同じく無難なものであったほうが悪い印象は避けられるかと思います。

【女性】リクルートスーツスーツの着こなし方

女性の場合はまず対面時での注意点とはなりますが、座ったときのスカート丈に注意しておく必要があります。長すぎても短すぎても不格好になってしまうので、座った際には膝からから少し上に下端がくる長さであれば問題ないです。

シャツに関しては対面・オンラインを問わず、襟の形状がスーツに合っているかをチェックしてください。基本的には白無地であった方が悪い印象は避けられますが、アパレル系など業界によってはカラーシャツのほうが好まれる場合もあるので、事前に調査しておいたほうが安心です。

前髪:男女別で前髪が与える印象とは?

“相手に与える印象”は特に顔の周りに集中しているため髪型にもポイントがあります。その中でも“前髪”は人のイメージを大きく左右するパーツであるため力を入れるべきポイントです。

髪の与える印象はこれまた絶大で、髪をどれくらい動かすかによって痩せて見えたり、若く見えたり、仕事ができるように見えたりと印象はまったく違うものになります

では就職活動にオススメな前髪とはどのようなものなのか?今回は男女別にオススメする3つの前髪は、それぞれ相手に与える印象が違いますので、自分のイメージや理想に合ったものを選んで就活を進めていきましょう。

【男性】①七三分け・サイドに流す

七三分けやサイドに流してある前髪は落ち着いた印象を与え、「誠実さ」や「真面目さ」をアピールすることができます。また、ワックスなどの整髪剤を使って髪型を整えることで清潔感が増します。

ただしジェルなどを付けすぎてテカテカしてしまうと、フレッシュさを損ったり高圧的に見えてしまいます。整える際は、鏡を見ながらやりすぎていないかを確認して行うようにしましょう。

【男性】②前髪を持ち上げて横に流しおでこを出す

額を見せる髪型は活発で明るい印象をもたらしてくれます。また清潔感も増すため、就活向きの前髪だといえるかもしれません。

ただし前髪にボリュームのある人は上手く持ち上がらない可能性があるので、そういった場合は①で紹介したようにサイドに流すなどの工夫をすることをオススメします。

【男性】③シンプルな短髪

ヘアースタイルに迷ったときは思い切って髪を短くしてみるのも1つの手でしょう。スタリングに自信がなくても、短髪なら簡単かつ心配がそこまでありません。

短髪はベテランの採用担当にウケがよいともいわれているので、もし前髪が決まらなくて悩んでいるなら、大胆にカットしてもらうという選択肢もありかもしれませんね。

【女性】①斜めがけスタイル

前髪の長さに関係なくいためほとんどの就活生がチャレンジしやすい髪型です。前髪を眉の上で切り揃えている人も、少し分け目を作って斜めに流せば斜めがけスタイルにできます。

眉毛より長い前髪の人は無理にスプレーなどで固めて留めようとせず「隠しピン」を使って前髪を留めましょう。

隠しピンとは、言葉の通りヘアピンを髪の毛の中に入れ込んで外側から見えないように留める方法です。この方法なら崩れにくいため、就活にもってこいなので試してみてください。

【女性】②センター分け

前髪が長い人はセンター分けして後ろでまとめるのがおすすめです。斜めがけよりも落ち着いた印象になるので、自分が相手に与えたい印象によって前髪の作り方を選んでください。

また、斜めがけにするとどうしても幼くなってしまうという方はこのセンター分けに挑戦してみてください。この分け方は大人っぽい雰囲気を出せる前髪になります。

【女性】③オールバック

オールバックは主張が強すぎて不利になってしまうのでは?と不安に思う方もいらっしゃるかと思いますが、顔周りに髪の毛がないことで全体の印象がすっきりし、知的な印象や清潔感を魅せることができます。

オールバックは前髪を後ろになで上げるヘアスタイルです。前髪を作っていない人や前髪が長い人にも向いていますし、額を全部出すので背の高い女性やハンサムな印象作りをしたい女性に最適です。

前髪:男女共通のNGな前髪パターン

今回オススメした男女合わせて6種類の前髪以外を選んで就職活動を行っても問題ありませんが、これは避けてほしいという前髪がいくつか存在します。それが何故ダメなのかという理由も合わせてご紹介していきますので、是非とも覚えておいてください。

【NG】①シースルーバング

今流行りのシースルーバングですが、フォーマルが好まれる就活には不向きな前髪です。就活ではおしゃれさよりも「誠実さ」や「清潔感」を意識してください。

【NG】②触覚がある前髪

普段私生活でやっているので癖がついてしまい、就活時も触覚を作ってしまう学生が毎年必ず現れます。小顔効果や可愛いから作りたいという気持ちは分かりますが、就活にはふさわしくないと感じる面接官が一定数いるため控えるのが無難です。

【NG】③強すぎるカールの前髪

前髪のカールが強すぎてしまうとカジュアルさが前面に出てしまい、就活には向かなくなってしまいます。まとめるために軽くカールを付けるくらいでしたら問題ないため、やりすぎにはご注意ください。

【NG】④重すぎるぱっつん前髪

前髪の量が多すぎるぱっつんは重たいイメージが強く、「暗そう」「幼い」等の印象を与えてしまうため控えるのが無難とされています。

ただし全てのぱっつんがダメというわけではありません。自己判断に委ねる形にはなってしまいますが、軽く見えるようであれば大丈夫ですので、不安な方は友達や家族に印象を尋ねてアドバイスを貰いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は一般論ではありますが、“相手に与える印象”についてフォーカスしました。

人の印象は服装や前髪1つで大きく変わります。そのため適当にして就活に挑んでしまうと、第一印象が悪くなってしまったり、スタートラインが他の就活生より後ろになってしまう可能性も考えられます。

就職活動の際は自分のイメージや相手に与えたい印象を考えたうえで決めるようにすることで、有利に進めるための1歩となっていくのではないかと思います。

それでは今回はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました