【スヌーピー名言】就活で共感できるチャーリー・ブラウンの名言10選

名言紹介

アメリカの作家 チャールズ・M・シュルツ さんの 漫画作品「ピーナッツ 」に登場する「スヌーピー」

この「スヌーピー」は 子どものダメ、できない、困ったという心の悩み、葛藤をどう乗り越えるかを一貫したテーマとしており、たくさんの魅力あるキャラクターが登場します。

そんな数ある中でも「趣味が野球のスヌーピーの飼い主」として登場するキャラクターがチャーリー・ブラウンです。

彼が選手兼任監督を務めている野球チームは負けてばかりですが、皮肉にも彼がプレイに参加しない試合は必ず勝つといっても過言ありません。好き嫌いと得手不得手は必ずしも一致しないというとを教えてくれ、好きである情熱があるからこそのチャーリー・ブラウンの言葉は人生を考える上でのヒントが隠されているのではないかと感じています。

作品の主人公としてチャーリー・ブラウンが発する言葉は魅力的で、私は就職活動中に「グサッと心に刺さる言葉が数多くあり、魅力的かつ就活のヒントともなるであろう言葉をご紹介します。

就活で共感できるチャーリー・ブラウン名言集 10選

人生ってソフトクリームみたいなもんさ… なめてかかることを学ばないとね!
ルーシー「なぜわたしたちはこの地上に置かれたんだとおもう?」
チャーリー・ブラウン「他人をしあわせにするためさ」
気持ちいい笑顔ほど魅力的なものはないな。
より良い人間になると、暮らしも良くなるって言うよ…
あたえることだよ!ただひとつのほんとうの喜びはあたえることだ!
さてこれからはね、ライナス、自分で考えるんだ…
誰にもアドバイスなんかさせるなよ!
新しいアイデアは繊細なものなんだ。笑われたり、あくびされたらもうダメ。
頼みにしていた人に皮肉を言われればアウトだし、ちょっとしかめ面をされただけで死ぬほど心配になっちゃう
人生という本には、うしろのほうに答えが書いてあるわけじゃない。
正しい答えが人生のすべてじゃないでしょう?
雨は正しい者にも正しくない者にも降るのさ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お気に入りの名言は見つかりましたか?私自身、チャーリー・ブラウンの言葉は本当に深く心に染み入るものばかりで、就職活動時に出会った「人生ってソフトクリームみたいなもんさ… なめてかかることを学ばないとね!」の言葉は堅苦しい就活に行き詰まって疲れきっていた心を解放してくれたことを今でも鮮明に覚えています。

就活のときはもちろん、学校や会社、その他組織に所属していて、落ち込んでいるとき、疲れているとき、悩んでいるときなどに、このチャーリー・ブラウンの名言で元気づけられる方も人も多いのではないでしょうか?

心にゆとりを持たせてくれる言葉にふれあいながら、また明日からの原動力になると幸いです。

それでは今回はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました